【眉間のシワをとる テープの貼り方】サージカルテープがオススメ?針のついたテープはどう?

眉間のシワをなくすのにテープを貼って寝るといいと言われています。

  • サージカルテープを眉間に貼る
  • セロテープを眉間に貼る
  • ガムテープを眉間に貼る

貼り方は、眉間のシワを伸ばすようにして貼るのがコツです。

お金がかからない手軽な方法として注目を集めていますが、セロテープは剥がれやすいし、ガムテープとサージカルテープは粘着力が強すぎて、お肌が荒れる可能性があります。

しかも、効果があったという人より、効果がなかったという人の方が多いのが実際のところ。

でも、テープにヒアルロン酸の針がついている眉間のシワ専用テープならどうでしょうか?

\針のついたテープ!/

ミケンディープパッチミケンディープパッチをチェック

ミケンディープパッチは、ヒアルロン酸でできた極小の針を直接ミケンに貼る「刺すヒアルロン酸」です。何をしても消せない眉間のシワをケアできます。

公式サイトはコチラ>

眉間のシワがサージカルテープでは消えない理由

眉間のシワはサージカルテープやガムテープやセロテープでは消えません。

なぜなら、眉間のシワは、細かいチリメンシワではなく、ドレープのような折ジワです。

肌の真皮部分にある「コラーゲン」や「エラスチン」が減少することが原因でもありますので、シワをケアする成分を与えずにテープだけ貼ってもシワは消えないんです。

針のついたテープで眉間のシワが消える理由

ヒアルロン酸の針がついたテープのミケンディープパッチは、美容成分を眉間の溝に刺して届けるので、凝り固まったお肌が柔らかくなります。

ヒアルロン酸でできた小さな針に、ほぐし成分とハリ成分を閉じ込めた画期的なテープで、クリームと違って、角質層に直注入できるから、高濃度のまま角質層へと直接届けることができます。

 

成分 ヒアルロン酸Na、アセチルヘキサペプチド-8、ペンタペプチド-18、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-1、エチルヘキシルグリセリン、1,2-ヘキサンジオール、ホスファチジルコリン、BG、水
内容量 8枚入り(1ヶ月分)
お値段 4,378円(税込)

 

針のついたテープを使ってみました

ミケンディープパッチは注文後3日ほどで届きました。

開けてみると丸いケースに入っています。

手に取ってみると、肉眼でもハリが見えました。

洗顔後、化粧水でお肌を整えた後に眉間に貼ります。

針というからには痛いのかと思っていましたが、ピリピリチクチクはありません。

しっかり貼りついてくれています。

針つきテープの貼り方
  • 眉間のしわを指で伸ばしてから貼る。
  • 油分の多いクリームを塗ると、はがれる原因になるので使わない。
  • 水分が残っていると、はがれる原因になるので化粧水はしっかり馴染ませる。
  • 貼り直すと粘着力が弱まる。
  • 約5時間で美容成分がお肌の内側に浸透する。

朝になると、ヒアルロン酸のハリは溶けてなくなっていました。

眉間には感じたことのない潤いが!

そのまま洗顔して化粧水などいつものケアでお肌を整えます。

針つきテープで眉間のシワは薄くなった?

サージカルテープを貼るのとは違って、ヒアルロン酸の針つきテープを貼って寝ると明らかに眉間の潤いが違います。

そんなに簡単にシワは消えませんが、なんとなく前より気にならなくなってきています。

しばらくはヒアルロン酸の針つきテープでケアしながら、眉間のシワをケアしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です