【ブラックコーヒーの効果】ブラックコーヒーでダイエットできる?飲み方の5つのポイントと注意点

コーヒーには、カフェインやコーヒーポリフェノールなど、脂肪燃焼に効果的な成分が含まれています。

飲むだけでも脂肪燃焼効果は得られますが、このページでは飲み方の5つのポイントと注意点をお伝えします。

ブラックコーヒーの効果

ブラックコーヒーにはカフェインやクロロゲン酸というポリフェノール成分が含まれており、これらが次のような効果を発揮します。

カフェイン

ブラックコーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果があります。

  • 利尿作用効果
  • 覚醒作用効果
  • 計算力や記憶力の向上
  • 疲労抑制効果
  • 脂肪分解促進効果

クロロゲン

クロロゲン酸というポリフェノール成分も含まれています。

クロロゲンには、食後の血糖値の上昇を抑える働きと、体内のミトコンドリアを活性化して脂肪燃焼を促進する働きがあります。

  • 抗酸化作用効果
  • 脂肪燃焼効果
  • 口臭抑制効果
  • 活性化酸素除去効果
  • がん予防効果

クロロゲンは、深煎りより浅煎りの方が含有量が高いため、より高いダイエット効果が期待できます。

リラックス効果

コーヒーの香りには脳をリラックスさせる作用があります。

香りをかぐことで、リラックス状態の脳に現れるα波が増加することが判っていて、ダイエット中に飲むことで、でリフレッシュできます。

深く香ばしいコーヒー独特の苦味と香りが安らぎを与えてくれます。

ブラックコーヒーダイエットの飲み方5つのポイント

ブラックコーヒーでダイエットするための飲み方5つのポイントをお伝えします。

食後にホットのブラックコーヒー

食後にホットのブラックコーヒーを飲むと、食後の血糖値の上昇を抑えられます。

肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの過剰分泌も抑えられます。

ココナツミルクを入れる

ブラックコーヒーが苦手という人は、牛乳やクリーム、砂糖を入れたくなりますが、ダイエットの観点からするとNGです。

砂糖を摂取することで、血糖値が上がってしまうからです。

その場合は、ココナッツオイルを小さじ1杯入れましょう。

ココナッツオイルを入れることで風味が変わりますし、オメガ3脂肪酸による血中中性脂肪の低下も期待できます。

運動前に飲むのも効果的

ブラックコーヒーは、運動前に飲むのもオススメです。

ジョギングやウォーキングの30分から1時間前に飲むのがベストです。

入浴前にブラックコーヒー

入浴も身体があたたまることで脂肪燃焼が促進されます。

入浴前にブラックコーヒーを飲むのもオススメです。

インスタントよりもドリップコーヒー

クロロゲン酸などのポリフェノールは、インスタントコーヒーよりドリップコーヒーに多く含まれています。

その差は5倍ほどもあるので、コーヒーの効果を高めるなら、ドリプコーヒーを選びましょう。

ブラックコーヒーダイエットの注意点

たくさんのメリットがあるコーヒーダイエットですが、デメリットもありますので、注意して行うようにしましょう。

飲みすぎによる胃痛

空腹時に飲み過ぎると胃酸の分泌を促進するため、胃が荒れてしまうことがあります。

ブラックコーヒーは食後に飲むのがいいでしょう。

歯の着色

コーヒーには「タンニン」という成分が含まれていて、歯の着色につながります。

ホワイトニング効果のある歯磨きを使うようにしましょう。

貧血

タンニンは鉄分の体内吸収を阻害します。

飲みすぎると貧血になることもありますので注意しましょう。

カフェインのとりすぎ

コーヒーに含まれるカフェインは、神経を落ち着かせる作用がある「アデノシン」という物質と構造が似ています。

アデノシンの代わりにアデノシン受容体に取りつくため、カフェインによって神経を落ち着かせる働きが妨害されます。

そのため、神経が興奮して、不眠につながる恐れがあります。

寝る前の摂取は控えましょう。

また、妊娠中、授乳中のカフェイン摂取も控えましょう。

カフェインレスのコーヒーでもクロロゲン酸が含まれている場合が多いので、そちらを選ぶようにしましょう。

コーヒーは1日何杯まで?

コーヒーのカフェインがもたらす影響は、個人差が大きいので一日あたりの明確な上限は定められていません。

ただ、アメリカでは保健福祉省(DHHS)および農務省(USDA)から、「一日あたりカップ3~5杯。またはカフェイン400mgまで」という目安が発表されています。

ヨーロッパでは、一日あたりの量だと妊婦を除く大人で400mgまでの摂取であればリスクは増加しないとされています。

カフェイン400mlは、コーヒーカップ3~4杯に相当します。

コーヒーのカフェイン量は、100mlあたり60mgなので、カップ1杯(150ml)に換算すると90mgという計算になります。

これらを総合すると、1日の摂取量はコーヒーカップ3~5杯が適当でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です