濱の湯【福井県小浜市】は海が見える温泉!クーポンはある?泉質は?

福井で海の見える温泉に入りたいと思って、小浜の「濱の湯」に行ってきました。

濱の湯は、医食同源の観点から、心身の疲れを癒し、リラックスできる温浴施設としてオープンしました。オーシャンビューの施設で海草風呂、薬草風呂、サウナ、マッサージを堪能することができます。また、マリンデッキでは足湯(無料)が楽しめます。

出典:ニフティ温泉

濱の湯小浜の詳細情報 クーポンはある?泉質は?

住所 〒917-0081
福井県小浜市川崎3-4(御食国若狭おばま食文化館内)
電話番号 0770-53-4126
営業時間 午前10時から深夜12時まで
定休日 第3水曜日
料金 大人(中学生以上):600円
小人(3歳以上):300円 ※3歳未満無料
市内の高齢者(70歳以上)・市内の障害者:500円
公式HP http://www.yu-iwashita.jp/hama/
タオル 販売タオルか貸しバスタオルがありますが、タオルは持っていきましょう。

※リンスインシャンプー、ボディソープは備え付けがあります。

濱の湯 クーポンはある?

クーポンはありませんが、お得な回数券11枚綴り(大人・6,000円)があります。

地元の方はよく利用しているようです。

また、JAFカード提示でフロントで50円の現金が返金されます。

濱の湯 小浜 泉質は?

濱の湯は、小浜港にあるスーパー銭湯で、泉質は人工温泉です。

それを知ってちょっとがっかりしたのですが、人工温泉といってもレベルは高いです。

若狭湾の絶景を見ながら入れる露天風呂があり、開放的な気分になれました。

美人の湯 名湯として知られる愛媛の道後温泉と同様の効果を持つ「美人の湯」を人工的に再現しました。
海草風呂【独自開発】 若狭おばまならではの不老長寿の湯は、人魚のモデルとなったジュゴンの主食「アマモ」のエキスを使っています。ミネラルや美肌成分を多く含み、潤いのあるなめらかなお肌へと導いてくれます。
漢方薬草風呂 古代より大陸文化交流の玄関口として発展した若狭おばま。漢方薬の本場中国との歴史的つながりを体感できる漢方薬草風呂は、生薬の 効能により様々な症状の緩和、ストレス解消、体質改善などが期待できます。
ジャグジー 背中や腰、ふくらはぎなど、全身を強いジェット噴流でほぐすことで血行促進、マッサージ効果が生まれ、コリや疲労を回復します。
竹炭水風呂 小浜産竹炭のはたらきにより、お肌にやさしい水質に。皮膚の酸化や老化を防ぐ作用があります。
高温サウナ サウナ完備。老廃物を汗とともに排出しスッキリします。

参考:公式サイト

濱の湯にマッサージはある?

疲れやコリを優しくもみほぐすボディケアをしてくれる「癒しどころ 濱の湯店」があり、マッサージのみ利用も可能です。

こりとり・足つぼの2コースと2つがセットになったセットコースがあります。

営業時間 12:00~23:00

(最終受付)22:30

定休日 第3水曜日

濱の湯の食事は?

濱の湯の中には濱亭というお食事どころがあります。

営業時間:11:00~23:00(L.O)で、食券を買うシステムです。

セルフサービスですが、メニューも充実しています。

 

他にもたくさんのメニューがあります。

濱の湯 小浜 宿泊できる?

濱の湯は温泉施設ですので、宿泊はできません。

でも、近くに数件のホテルや旅館があります。

  • せくみ屋
  • 四季彩の宿  花椿
  • ホテルアーバンポート
  • サンホテルやまね

濱の湯に入った人の反応は?

季節柄、海水浴シーズン真っ只中の時に訪問したせいか、施設入口の外に砂落としのシャワーが完備されています。
施設に入りますと、漢方湯独特の香りが立ち込めています。
脱衣所から既に黒々と日焼けした元気な若者やファミリーで混雑気味です。
もちろん浴槽内も茹蛸のように赤く火傷したかのような水着跡クッキリな若者が奇声に近い大声で楽しそうに入浴されていました。
それらの客が狙いなのか、リンスインシャンプーとボディソープは夏にお目見えする青い液体のCOOLタイプのアレが置かれていました。
騒がしい湯が苦手な私には、来てはいけないシーズンに来てしまったなと後悔。
秋冬の寒い季節に震えながら海景色を見つつ、バスクリン入れすぎちゃうの!とツッコミたくなる位の色付きをした露天風呂に浸かりながらのんびりしたいような湯でした。
こういうことは大変言いづらいのですが、施設や脱衣所を巡回掃除しているスタッフさんは、客の目の前を横切るのにも無言。ダラダラと無愛想なのがとても残念でした。
そのせいか脱衣所の砂浜から持ち込まれたであろう砂がザラザラと大変不快な思いをさせて頂きながら施設を後にしました。
ワイワイ騒がしい夏の日差しにハイテンションな客層が少なく、砂が施設内に落ちていなさそうな時期に店内スタッフさんも海水浴客に打ちのめされていない仕事に覇気のある時期に再チャレンジしてみても良いかなとは思いました。

出典:ニフティ温泉

 

小浜漁港に面した立派な建物、御食国若狭おばま食文化館の3階にある入浴施設です。電源関係のお金でできた大きな公共施設となっています。
内湯は主浴槽と座浴ジェット(ビューティースパ)、寝浴ジェット(ドリームスパ)、サウナと水風呂となっています。主浴槽とジェットバスは人工のアルカリ性単純泉とのことです。湯には特徴はありませんが、消毒が弱かったのが幸いでした。
露天は2つの浴槽がありまして、1つは漢方薬風呂、もう1つが海藻風呂です。どちらも入浴剤の浴槽となっていまして、特に海藻風呂は青緑色の湯で、ちょっとびっくりしました。肌がつるつるしてきまして、なるほど効果はありそうです。立てば漁港が見えます。
アメニティーはメーカー不詳の2点セットです。天然温泉ではありませんので高得点とはいかないのですが、白湯として見ますと充分満足行く質はありました。鯖街道や小浜の観光ついでに入っていくのもいいかと思います。

露天は2種類、あまごの湯と薬湯。内湯は美人の湯という人工の湯です。施設はきれいで気持ちのよいところでした。塩素臭もなかったし、楽しめました。最近は温泉といっても循環して塩素臭がきついところが多い中、人工のお湯でこれだけ楽しめるなんてスバラシイ。

出典:ニフティ温泉

 

ファミリーの方へは、ちょーお勧めだと思います。(デートや個人、グループも)この施設の前ではファミリーフィッシングみたいなのが出来ます。広いので車も置き放題!!思う存分遊んだら濱の湯へいざ出陣!!人魚伝説小浜ならではの不老長寿の湯があります。人魚のモデルといわれるジュゴンの主食「アマモ」エキス入りのお風呂へは必ず入るべし!!綺麗な緑色になめらかな湯、とても良い香りが露天で楽しめます!!お風呂を出たら味わい処「濱亭」でお食事をすればOK!!我が家は釣り→お風呂(足裏マッサージ)→お食事→帰宅がパターンです。

出典:ニフティ温泉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です