【大人ニキビ(吹き出物)が治らない?】種類別スキンケアが重要だった!

不意にできるニキビ。

ポツポツと広がって、ファンデーションでも隠せない状態に。

大人ニキビは、やっかいな肌トラブルです。

でも、治らない原因はスキンケアに問題があったのかも。

ニキビの種類を知って正しいスキンケアをすれば、大人ニキビは治すことができます。

このページでは、治らないニキビの種類別スキンケア方法がわかります!

最初に知っておきたい!大人ニキビの種類と進行

大人ニキビは、思春期ニキビと区別され、原因はストレスやホルモンバランス、生活習慣だと言われていますが、どちらもできるプロセスは同じ!

初期段階:皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスの乱れや食生活の偏りで、皮脂腺の働きが活発になり、皮脂が過剰に分泌されます。

  第一段階:毛穴が詰まる

皮脂の出口である毛穴が詰まり、毛穴内部にどんどん皮脂が溜まっていきます。

【白ニキビ】

炎症を起こす前の状態ですので、痛みやかゆみなどはほとんどありません。

【黒ニキビ】

毛穴につまった皮脂が表面に出て、空気に触れて酸化し、黒っぽく見えます。

第2段階:ニキビ菌が繁殖して炎症

毛穴にアクネ菌が集まり、皮脂をエサにして繁殖して炎症が発生します。

【赤ニキビ】

赤く腫れて、見た目にもはっきりとわかるようになります。

【黄ニキビ】

ニキビ菌と戦った白血球の残骸が黄色に変色し、内部に溜まった段階です。

ひどい場合は膿をともなうこともあります。

大人ニキビの種類ごとの正しいスキンケア

ニキビは、段階ごとに適切なスキンケアが必要です。

ここでは、種類ごとのケア方法をお伝えします。

白ニキビ・黒ニキビにはピーリングが有効

できはじめのニキビには、毛穴の内側に詰まった皮脂や古い角質を取り除くピーリングが有効です。

古い角質が毛穴をふさいで皮脂が排出できなくなっているので、詰まりを取り除けばいいんです。

 

ピーリングは、酸が古い角質を落とし、毛穴の詰まりを解消する効果があります。

ニキビの原因を根本から解決できるとして人気。

赤ニキビには炎症を抑える成分が有効

赤ニキビは、炎症を鎮静するために、抗炎症作用に優れたビタミンCやグリチルリチン酸配合のスキンケアが効果があります。

炎症部位はなるべくメイクを避けるのも大切です。

ビタミンC

ビタミンCは、炎症ニキビに効果があり、ニキビの予防効果と美白効果にも優れています。

ビタミンC誘導体として配合されることが多い成分です。

グリチルリチン酸

天草(カンゾウ)の根や茎から抽出したものをカリウム塩の形にしたグリチルリチン酸。

消炎効果があり、皮膚トラブルに対して優れた効果をもった医薬部外品有効成分です。

ニキビの種類別おすすめスキンケア

ここでは、ニキビの種類別におすすめのスキンケアをご紹介します。

白ニキビに効く薬用ピーリングローション



詳細はコチラ>
ニキビ予防、清浄・殺菌を考えた薬用ピーリングです。顔にも身体にも使用できるので、背中ニキビやデコルテニキビにも使用できます。

公式サイトはコチラ>

 

赤ニキビをケアするならVCスターターセット

詳細はコチラ>

浸透型ビタミンC誘導体と医薬部外品のグリチルリチン酸ジカリウムが、できてしまった炎症ニキビを優しくケアしてくれます。

従来の200倍浸透する特殊技術で、ニキビケアに定評のあるシリーズです。

公式サイトはコチラ>

白ニキビと赤ニキビ両方ケアするならチュルンプラス

詳細はコチラ>
初期段階の白ニキビも、炎症になってしまった赤ニキビも同時にケアできます。

安定型ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸が両方にアプローチしてくれます。

公式サイトはコチラ>

ニキビが治ったら皮脂コントロールも大切

詳細はコチラ>

アクポレスは、皮脂抑制に効果のあるライスパワーNo.6(医薬部外品成分)が配合されたスキンケアです。

第一三共傘下のアイムという会社が製造販売しているライスフォースのシリーズ

皮脂分泌抑制効果のある医薬部外品の10日間トライアルセットも今なら65%オフで購入できます。

公式サイトはコチラ>

 

私が炎症ニキビを治したスキンケア

私は炎症ニキビに悩んでいて、何かいいスキンケアはないかと探していました。

そんな時、友人に教えてもらったのが、「VCシリーズ」。

詳細はコチラ>
調べてみると、200倍浸透するビタミンC誘導体配合で、炎症を抑えてくれるグリチルリチン酸ジカリウムも配合!

これなら私の炎症ニキビを抑えてくれるかも、と思い早速使ってみました。

VCスターターセットを炎症ニキビに使ってみました

「VCスターターセット」は注文して3日後に届きました。

セット内容は7日分です。

VCローション <化粧水>

VCローションは、朝と晩に洗顔の後使います。

手に出した感じはサラッとしたテクスチャですが、顔に塗るとしっとり。

炎症を起こしたニキビに沁みることなく、やさしく潤す感じがしました。

炎症がひどい箇所にはコットンで優しくつけるようにしました。

薬用VCエッセンス <美容液>

化粧水の後は、薬用VCエッセンスを使用します。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、炎症や赤みを抑えてくれます。
黄色がかった少しとろみのあるテクスチャです。

 

薬のようなニオイがしますが、効果があるような気がします。

炎症がひどい部分には重ねづけします。

VCビタール <クリーム>

薬用VCエッセンスをつけた後は、クリームを使用します。

VCビタールは、ビタミンC誘導体、ビタミンA・E誘導体を配合したクリームです。

1袋で朝と晩1日分で、1回の使用量はこれくらい。

健康なお肌にはちょっとベタつくかもしれませんが、炎症ニキビ肌にはぴったり。

しっかりお肌に吸い付いて、ニキビの炎症部分を守ってくれるような気がしました。

でも、なかなか乾かないので、朝は少なめにするのがいいと思います。

VCスターターセットを使った感想

トライアルセットを使っただけなのに、本当にニキビの炎症がおさまったのには驚きました。

最初は慎重につけていたVCスターターセットも、炎症がおさまってからは普通につけられるようになりました。

まだ完全ではありませんが、もうすぐファンデーションも使えそうです。

\炎症ニキビをケア!VCシリーズ/
詳細はコチラ>

治らない大人ニキビには正しいスキンケア

なかなかニキビが治らないという人は多いのですが、やはり正しいスキンケアが大切なんだと改めて実感しました。

VCシリーズのクリームは皮脂コントロールの効果もあるので、炎症ニキビが治った後も使い続けようと思っています。

自分のニキビの種類を知って、正しいスキンケアでニキビのないツルツルむき卵肌を目指したいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です