首のシワは馬油で消せる?首のシワを伸ばしても消えない人におすすめの馬油

馬油は、オイルの中でも人間の皮脂に組成が非常によく似ています。

ですから、馬油で首のシワをケアできるという人もいますが、「首のシワが消えない」という人も多いんです。

なぜなら、馬油はどれでもいいという訳ではないからです。

精製されていない馬油はベタついて浸透力も弱く、シワを消す力はありません。

そこで、ご紹介したいのは、プラセンタ配合で抗シワ試験実施済みの、首のシワに効果を期待できる馬油です。

首のシワをケアできる潤馬化粧養油

潤馬化粧養油(じゅんまけしょうようゆ)

潤馬化粧養油(じゅんまけしょうようゆ)は、馬プラセンタ配合で抗シワ試験実施済みだから、首のシワもケアできます。酸化しにくい純度300%のオイル精製だから、つけた瞬間溶け込むように浸透してシワをケアしてくれます。初回は化粧水もついていてお得ですし、1回の受け取りで解約できます。

公式サイトはコチラ>

首のシワの原因

首は顔に比べて皮膚が薄く、紫外線や乾燥などのダメージを受けやすいパーツです。

重い頭を支えて常に動いているため、負荷がかかりやすく、加齢の影響も受けやすいんです。

それらの原因が重なって、首にはシワができやすくなります。

習慣にしたい首のシワ対策

できてしまった首のシワ。

少しでも薄くするために、首のシワをケアする習慣をつけましょう。

首のシワに保湿

首は乾燥しやすいので、保湿を徹底的に行なってしわを防ぐことが大切です。

首のシワにマッサージ

首のマッサージは、左側は右手、右側は左手を使います。

親指以外の4本の指で、首すじに小さな円を描きながら、鎖骨の下まですべらせるのがポイントです。

鎖骨の下側のくぼみからは肩へ老廃物を流すイメージで、一方向にゆっくりマッサージしましょう。

マッサージを行う際はオイルやクリームを付けて、力を入れすぎないようにすると良いでしょう。

首のシワに紫外線対策

紫外線を浴びると、活性酸素が発生して、肌に存在するコラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊してしまいます。

破壊されると肌の弾力が失われてたるんでしまい、しわができてしまいます。

紫外線を直に浴びないためにも、日傘を使う、日焼け止めを塗るといった対策をとりましょう。

首のシワに姿勢の改善

スマートフォンを使うときに俯きがちの姿勢をとったりしていると、猫背になったり、首にしわができたりします。

首のシワ、たるみは正しい姿勢を習慣づければ、改善できる可能性があります。

正しい首の位置は、立ったときに肩と耳が一直線になっている位置です。

肩と耳の位置を意識して動くようにしてみてください。

スマートフォンを使うときは画面の位置を持ち上げるといった姿勢を崩さない工夫をしましょう。

首のシワを伸ばしても消えない人が使いたい馬油

首のシワを伸ばしたりマッサージしても、なかなか効果が出ないという人は、シワに特化した馬油を使ってみましょう。

抗シワ試験実施済みの馬油を使いたい人

馬プラセンタ配合で、抗シワ試験実施済の馬油を使いたい人は、潤馬化粧養油(じゅんまけしょうようゆ)を使ってみるといいでしょう。

潤馬化粧養油

詳細をチェックする>
潤馬化粧養油(じゅんまけしょうようゆ)は、乾燥している首に潤いを与えて浸透させます。人間の皮脂に近い組成なので、つけた瞬間に溶け込むように浸透します。オイルなのにベタつかない使用感だからいつでも使えます。1回の受け取りで解約できるから、お試しにピッタリです。

公式サイトはコチラ>

馬セラミドで乾燥した首をケアしたい人

馬セラミドで首にハリ/ツヤを感じたい人はプレミアム馬油セラミドを使用するといいでしょう。

プレミアム馬セラミド

詳細をチェックする>
プレミアム馬油セラミドは、「こうね」と呼ばれる馬のたてがみ下の油脂を精製しています。希少な部位なので、レチノールなどの天然美容成分も豊富に含まれていて、首に栄養を与えながら保湿もしてくれます。500円モニター募集中ですが、定期コースではないので、安心して試せます。

公式サイトはコチラ>

首のシワは馬油で消せる?まとめ

首のシワは保湿が大切です。

もちろん普通の馬油でも保湿はできますが、高純度で浸透力が高く、シワケアのできる成分が配合されているものを選びましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です