ヘパリン類似物質油性クリームは手のしわが改善されるのか?

ヘパリン類似物質油性クリームは手のしわは改善されるのでしょうか?

「ヘパリン類似物質配合油性クリーム」は、クリニックでの処方されるクリームで、保湿作用と血行促進作用があり、皮膚の乾燥症状を軽くします。

優れた保湿作用があるので、手に塗ってもその効果を発揮しますが、シワへの効果効能が謳われている訳ではありません。

ただ、手の洗いすぎや消毒のしすぎでしわの増えた手は、まず何よりも保湿することが大切です。

その保湿にヘパリン類似物質は最適です。

なぜなら、「保湿」「血行促進」「抗炎症」の3つの作用があり、子どもからお年寄りまで、全身に使用できるからです。

残念ながら「ヘパリン類似物質油性クリーム」自体は市販されていませんが、ヘパリン類似物質を使用したクリームはたくさん発売されています。

ここでは、手のしわを改善してくれるヘパリン類似物質配合のハンドクリームを集めました。

参考にしてみて下さいね。

ヘパリン類似物質配合ハンドクリーム

ヘパリン類似物質配合のハンドクリームで、まず最初にご紹介するのは、医薬部外品のナルクです。

医薬部外品ハンドクリームのナルク



詳細はコチラ>
ヘパリン類似物質とともに、薬用有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。だから、手のシワ改善、手荒れやひび、あかぎれに効果があるんです。スクワランやワセリンも配合で、バリア機能を整えてくれます。(40g 2,017円税込)

公式サイトはコチラ>

次にご紹介するのは、メンズ用薬用ハンドクリームです。

ヘパリン類似物質配合で男性用のハンドクリームは初めて!

美容成分も配合されているので女性でも使える内容になっています。

カップルや夫婦で使ってもいいですね。

NULL薬用ハンドクリーム

詳細はコチラ>
ヘパリン類似物質配合初の男性用ハンドクリームです。女性が使っても効果があり、手のシワを改善をサポートしてくれます。(40g 2,020円税込)

公式サイトはコチラ>

次にご紹介するのは、ヘパリン類似物質によってラメラ構造を整えて、乾燥肌を防ぎ、長期的な肌トラブルを予防するハンドクリームです。

角質層にある水分と油分が幾重にも重なり合う構造のことです。これが乱れると手のバリア機能も働きませんので、ヘパリン類似物質で整えることが大切です。

お顔にラメラ構造というのはよく聞きますが、手もラメラ構造を整えることが大切なんですね。

【医薬部外品】ぷるるん美人 薬用ハンドクリーム

詳細はコチラ>
ヘパリン類似物質によってラメラ構造を整えて、乾燥肌を防ぎ、長期的な肌トラブルを予防します。(50g 1,320円税込+送料500円)

公式サイトはコチラ>

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です