ファミリーマートでキャッシュレス決済するならどれがオススメ?

2019年10月1日より消費税が増税されますが、ファミリーマートでは「キャッシュレス消費者還元」2%が即時充当されます。

ファミリーマートで使えるキャッシュレス決済、どの決済がオススメなのか、わかっていることをまとめました。

ファミリーマートは8月30日、経済産業省の「キャッシュレス消費者還元」に参加し、キャッシュレス決済を行う顧客に対して、2%の還元(即時充当)を実施すると発表した。

実施期間は、2019年10月1日~2020年6月30日。店頭で現金以外の決済手段で商品を購入すると、会計時に、合計金額から、2%即時還元。金額がレシートに表示される。

例えば、税込1000円の買物をした場合、2%に相当する20円のポイントが即時充当され、キャッシュレス決済では980円の支払いをする。実質的には20円の値引き販売となる。

キャッシュレス・消費者還元事業では10月1日~2020年6月末まで、中小・小規模事業者に該当するフランチャイズチェーン加盟店に対して、国から2%分のポイント還元等の原資を補助する。

出典:流通ニュース

実施期間 2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)
内容 店頭で現金以外の決済手段で商品を買った人に、お会計時に、合計金額から、2%即時還元されます。金額がレシートに表示されます。
対象店舗 一部実施していない店舗もあります。店頭に下記シールが貼ってある店舗が対象となります。
対象の決済方法 クレジットカード、電子マネー、デビットカード、QR/バーコードなどの電子的決済手段

※非課税品、プリペイドカード、医薬品、公共料金、保険のお支払は対象外です。

※現金支払いとキャッシュレス支払いを併用する場合は、キャッシュレス決済金額の2%が還元されます。

ファミマでキャッシュレス決済するならどれがおすすめ?

ファミマで使えるキャッシュレス決済はいろいろありますが、ファミリーマートの場合は、どのキャッシュレスで支払っても、レジで即座に還元されます。

キャッシュレス消費者還元では、支払方法等により還元方法が異なる見込み。クレジットカードでは、請求時に相殺される形が多く、コード決済などではポイント還元の形を取るものが多いなど、事業者によって対応がまちまちとなっている。ファミリーマートの場合は、どのキャッシュレス支払いでもレジで即座に還元される。

出典:IMPRESS WATCH

ファミマで使えるキャッシュレス決済は次のものがあります。

バーコード決済 ファミペイ、PayPay、LINE Pay、d払い、楽天ペイ、Tマネー
交通系電子マネー Suica 、PASMO、 manaca、 SUGOCA、 TOICA、 nimoca、 Kitaca、 ICOCA、 はやかけん
クレジットカード JCB、Visa、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、 ダイナースクラブ、中国銀聯

※JALカードはマイルが2倍貯まります。

電子マネー iD、楽天Edy、ユニコ、PiTaPa、WAON、QUICPay
JCBプレモカード 百貨店や家電量販店など、全国30万店以上のJCB PREMO加盟店で利用いただけるプラスティック型のギフトカード

対象の決済方法の詳細はこちら

還元率No.1はファミマTカード

 

ファミリーマートで貯まるのはTポイントです。

Tカードは、基本のTカードをはじめ、ファミマTカード、TUTAYAのTカード、エネオス、ドトールなど数多くの提携店が出していて、どこのTカードでもTポイントがたまります。

中でも、ファミマTカードはファミマユーザーがお得に使えたカードですが、ほとんどの特典も2019年7月31日をもって終了しました。

  • カードの日:7/30終了
  • レディースデー:7/31終了
  • ファミランク:7/31終了
  • クレジット払いポイント3倍:7/31終了
  • 25歳以下ポイント2倍:7/31終了

 

ただ、上記のサービスは終了しましたが、ファミマTカードでクレジット払いをすると200円ごとに4ポイント(還元率2%)還元されるんです。(2019年8月1日~)

Tポイントは、提示するだけで付与されるショッピングポイント(0.5%)と、決済すると付与されるクレジットポイントがありますが、合計ポイントがファミマTカードなら2%になります。

2%のポイント内訳
ショッピングポイント:3ポイント(還元率0.5%)
クレジットポイント(3日後付与):3ポイント(還元率0.5%)
特別ポイント(翌月中旬付与):6ポイント(還元率1%)加算

ファミマヘビーユーザーなら1枚もっておいて損はないでしょう。

  • Tポイントゲット(2%)
  • キャッシュレス消費者還元2%値引

ファミマTカードを持っているならファミペイもお得

ファミペイを携帯にダウンロードして支払うと、200円(税込)利用につき1円分のファミペイボーナスが付与されます。

※ファミペイボーナスはお買い物の翌月10日以降に付与されますので、すぐにはチェックできません。

ファミペイへのチャージは現金でもできますが、ファミマTカードからチャージすると、チャージ利用額200円に対して1円分のFamiPayボーナスが翌月付与されます。

さらにTカードを提示するとTポイント(ショッピングポイント0.5%)も付与されます。

もちろん、キャッシュレス消費者還元が2%値引きもされます。

ファミマをよく使うのなら、ファミマTカードからチャージしてファミペイを使うのもアリでしょう。

  • ファミペイボーナスゲット(0.5%)
  • ファミマTカードからチャージしてファミペイボーナスゲット(0.5%)
  • Tカード提示でTポイントゲット(0.5%)
  • キャッシュレス消費者還元2%値引き

お手持ちの電子マネーならポイントもゲット

ファミリーマートで使えない電子マネーはnanaco(ナナコ)くらいです。

ほとんどの電子マネーは使えますので、エディやワオンを使って決済して、それぞれの電子マネーポイントがゲットできるます。

さらに、決済時にTカード提示でTポイント(ショッピングポイント0.5%)も付与されます。

もちろんキャッシュレス消費者還元が2%値引きされますので、今使っている電子マネーで決済するのがお得で手っ取り早い方法です。

  • 電子マネーポイントゲット(付与率はそれぞれの電子マネーによる)
  • Tカード提示でTポイントゲット(0.5%)
  • キャッシュレス消費者還元2%値引き

 

交通系電子マネーはポイントなし

ICOCAなどの交通系電子マネーはポイント付与などの特典はありません。

決済時にTカードを提示するとTポイント(ショッピングポイント0.5%)は付与されます。

もちろん、キャッシュレス消費者還元が2%値引きは受けることができます。

  • Tカード提示でTポイントゲット(0.5%)
  • キャッシュレス消費者還元2%値引き

 

ファミマはファミマドンキ店になるって本当?

サークルKサンクスと統合し、店舗数でセブン-イレブン・ジャパンに次ぐ2位に躍り出たファミリーマートですが、2017年8月、ユニー・ファミリーマートホールディングス(以下、ユニーファミマと略)はドンキホーテホールディングス(以下、ドンキと略)と資本業務提携を結んでいます。

同年11月、ドンキが総合スーパー(GMS)のユニーに40%出資、ユニーを持ち分法適用会社にした。その後、2018年10月、ユニーファミマが保有するユニーの全株を取得すると発表。残りの60%も引き受け、完全子会社となる。

一方、ユニーファミマはTOB(株式公開買い付け)で、ドンキ株を最大20.17%買い付け、持ち分法適用会社にするという内容だった。しかし、ドンキの株価が上がりすぎて、TOBは失敗。仕切り直しとなった。

ドンキがユニーを買収する見返りに、ドンキがユニーファミマ(もっといえば伊藤忠商事)の傘下に入るというM&A(合併・買収)のスキームはドンキが提案したものだったが、この提案はユニーファミマにとって渡りに船だった。

親会社の伊藤忠商事の岡藤正広社長(当時、現会長兼CEO)は不振が続くGMSを切り離したがっていたからだ。ドンキにユニーを売却して再建を委ね、ユニーファミマはドンキの株式を最大20.17%握ることで合意した。

じつは、この買収劇には仕掛け人がいた。交渉で中心的な役割を担ったのは、代表権もなく取締役でもない「創業会長兼最高顧問」という肩書きのドンキ創業者、安田隆夫氏だった。交渉関係者は「ユニーファミマの高柳浩二社長(当時、現会長)と安田隆夫氏の対話なくして、このディールは実現しなかった」と述べる。

出典:ニュースポスト

この動きに伴い、2018年6月、立川市の「立川南通り店」、目黒区の「大鳥神社前店」、世田谷区の「世田谷鎌田三丁目店」が、「ファミマドンキ」として営業しています。

商品をうず高く積む「圧縮陳列」などドンキのノウハウを全面的に取り入れられ、ファミリー層を意識した品揃え。

コンビニ業界で生き残っていくために、「ファミマ」が「ファミマドンキ」になる日がくるかもしれません。

そうなれば、ファミマでマジカカードが使えるというケースも出てくるでしょう。

今後の動向を見守りたいと思います。

ファミリーマートでオススメのキャッシュレス決済のまとめ

ファミリーマートをよく使う方は、ファミマTカードで決済するのが一番お得だということがわかりました。

2%のポイントがついて、さらにキャッシュレス消費者還元2%値引きを受けられるのですから、かなりお得です。

600円の買い物をしたら、Tポイントを12ポイントゲットできて、12円の値引きを受けられる計算です。

もちろん、ファミペイや、電子マネーでもお得にはなります。

ご自分に一番あった方法でキャッシュレス決済を生活に取り入れていきましょう。

コンビニで使う金額は少額であることが多いので、大きく得したという気分にはなりにくいですし、ポイントも翌月付与であったり、すぐに大きく貯まるという訳ではありません。

ただ、「塵も積もれば山となる」という言葉を念頭において、今回の増税に伴うキャッシュレス決済と上手につきあっていきましょう。

カードの申し込みやアプリのダウンロードやチャージはかなり面倒くさいのですが、1円くらいいいや、という気持ちでは1年後に大きく差がついてしまうかもしれません。

今できる範囲で、キャッシュレス決済をしていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です