動画クリエイターでフリーランスになるには独学?学校(スクール)?

在宅でフリーランスで稼げる動画クリエイターになるには、独学がいいのか、学校で学ぶのがいいのか比較してみました。

学校ならオンラインスクールのMOVA


MOVA

動画編集スキルを生かして収入を得たい人や、動画クリエイターになりたい人が学ぶ超実践型のカリキュラムの動画クリエイタースクールです。

無料カウンセリングで説明を聞く>

動画クリエイターと呼ばれる職業は、個人でYouTubeやインスタグラムの動画編集をする人から、フリーランスで収入を得る人まで、幅広いのが特徴です。

YouTubeやインスタグラムの動画編集をして個人で楽しむなら独学でも十分でしょう。

安価で性能の良いソフトもたくさん出回っていますし、本やサイトから得た知識で、ある程度の動画は作成できるようになるからです。

ただ、フリーランスで在宅で稼げる動画クリエイターとして活躍したいのであれば、独学よりも、しっかり学んでスキルを身につける方がいいでしょう。

動画制作にどんなソフトを使うの?

独学で勉強するなら、フリーソフトや1万円以内の動画編集ソフトでも十分です。

学校なら、例えばMOVAの例でいうと、Adobe Creative Cloudに加入して動画を作成します。

主に使用するのは次の3つです。

  • Premier Pro
  • Photoshop
  • Illustrator

これにより、イラストも自分で作成できますし、使いこなせばどんな動画編集の要望にも答えられるようになります。

動画クリエイターになるための学習期間は?

独学で勉強するなら、1~2週間もあれば、それなりのものを作れるようになります。

学校なら、学習期間は1~2年です。

MOVAでも、1年間実践型でみっちり勉強することにより、未経験からフリーランスとして活躍する動画クリエイターを目指すことができます。

まずはBEGINNER(ビギナー)の完全オンラインから始めて、2ヶ月ほどでSTANDARD(スタンダード)に昇格します。

それからEXPERT(エキスパート)になりますが、スタンダードとエキスパートではオフライン講義があります。

 

卒業後仕事を斡旋してもらえる?

独学でどれだけ勉強しても、なかなか仕事を受ける機会はありません。

MOVAを卒業した後に活躍する動画クリエイターはたくさんいて、仕事の案件の依頼を受けることができます。

保証されている訳ではありませんが、講師陣が現役の動画クリエイターで活躍している人が多いので、いろいろなアドバイスをもらえます。

案件をこなすうちに、スキルアップできますし、中には受講中から仕事を受けている生徒もいます。

大手専門学校や他の学校、スクール選びはどこがいい?

社会人になってから専門学校へ行くのは大変ですよね。

MOVAでは単なる撮影・編集技術の習得だけではなく、より「現場の実践」で必要なスキルを習得できます。

カリキュラム内で扱うのは、実際にリアルタイムで受注した企業案件ですので、卒業後には、プロのクリエイターとして自立できる力を養えます。

どんな人が動画クリエイターに向いているの?

動画クリエイターに向いているのは人はこんな人です。

  • センスがある人
  • 技術的な勉強を続けられる人
  • 動画編集スキルを生かして収入を得たい人
  • スキルを身に着けて収入を上げたい人
  • 場所や時間を気にせずに働きたい人
  • 在宅で仕事をしたい人
  • 副業をしたい人

動画クリエイターになるには独学?学校?まとめ

稼げるフリーランスの動画クリエイターになるなら、独学よりも学校に通う方がいいでしょう。

実践的な技術や業界のこと、早くこなすコツなどを教えてもらえますし、仕事を受ける足がかりにもなります。

ただ、どんな学校に通うか、費用、得られるスキル、いくら稼げるのか、など不安も多いですよね。

不安な時は、オンライン無料相談で説明を聞いてみるところから始めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です