CBDの効果|VAPE(電子タバコ)とオイルはどちらがオススメ?

知り合いの男性が、見慣れない電子タバコを吸っていました。

聞いてみると、CBDの電子たばこだと教えてくれました。

CBDはストレス緩和の効果があり、気分転換になるそうです。

実は、私のダンナは真面目で神経質なところがあり、ストレスで夜も眠れないということがよくあるんです。

私はちょっと興味を持ったので、CBDについて調べてみました。

▼最初にHERBSのCBDをチェック▼

HERBSは国産のCBDリキッドです。
ヴェポライザーで吸うだけ!
リラックス作用や自立神経の乱れ、眠りの質を良くするという効果が期待できます。

HERBSのCBD公式サイトはコチラ>>

CBD(カンナビジオール) はWHO(世界保健機関)に複数の医療用途があると認められた成分です。

世界中が注目しており、日本でもオイル、リキッド、VAPE、サプリメントとして流通しています。

このページでは、CBD(カンナビジオール)の効果と、オイルとヴェポライザーはどちらがいいのかをお伝えします。

CBD(カンナビジオール)とは?

CBD(カンナビジオール)は、大麻由来の成分ですが、精神・神経系への悪影響はなく、ハイになりませんし、中毒性もありません。

大麻と聞くと麻薬中毒などの良くないイメージがありますが、実は大麻は私たちにとって身近な存在です。

具体的には七味唐辛子に麻の実が使われていますし、ヘンプシードも大麻由来です。

 

他にも、産業用として、大麻は衣類や建材、燃料、肥料、飼料、紙、食品、薬品、美容などに使われています。

もちろん、大麻由来のこれらの商品を購入したり所持していても逮捕はされません。

なぜかというと、大麻取締法では成熟した茎と種子およびその製品は規制から除外されることが明記されているからです。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

出典:ウィキペディア

ですから、茎と種子から抽出されるCBD(カンナビジオール)を所持していても、違法性はなく、逮捕されたり起訴されるようなこともありません。

CBD(カンナビジオール)の効果

CBD(カンナビジオール)が注目を集めるようになったきっかけは、CNNのドキュメンタリー番組がきっかけでした。

てんかんの少女にCBDオイルを投与したところ、1日300回の発作が数回になったことから、その効果について研究が盛んになりました。

ハイになる成分が少なく、CBD(カンナビジオール)が多く含まれている部分をTHCという成分を投与したところ、効果が表れたと報告されています。

また、西洋医学の薬は、血圧を下げる場合、徹底的に下げますが、CBD(カンナビジオール)は「適正な範囲に戻す」作用があります。

副作用は無く、正常な状態に近づけることが可能なのです。

高すぎるものは下げて、低すぎるものは上げるというように、ホメオスタシスを活性化し、調整する「エンド・カンナビノイド・システム(身体に本来備わっている調節機構の一つ)」の働きを良くしてくれます。

最近では、ガンに対する効果などが学術論文として発表されていますし、痛み、痴呆、免疫疾患、中毒、ストレス全般など、いろいろな研究結果が発表されています。

CBD(カンナビジオール)は不安やストレスに効く?

動物を中心とした数多くの科学的研究で、CBD(カンナビジオール)は抗不安または不安軽減効果があることが発表されています。

不安の治療は、セロトニンを再吸収させない薬を投与して脳のセロトニン濃度を上昇させる働きを起こさせるというものがあります。

これに対して、CBDは脳内のセロトニン伝達を刺激することによって、速効性の抗ウツ、抗不安作用の効果があります。

CBDオイルとヴェポライザー(電子タバコ)はどっちを選ぶ?

CBDオイルとは

CBDオイルは、CBD粉末にオリーブオイルなどを混ぜたものです。

製品によって濃度に違いがあり、安いものから高いものまで様々な種類があります。

摂取方法は、舌下に4~5滴たらし、舌先で舌下粘膜に60秒ほどよくすり込み、飲み込みます。

(すぐに飲み込むと消化器からの吸収になり、成分が10%程度しか摂取できません。)

舌下吸収は血液に直接届きます。

 

また寝る前に足の土踏まずに塗ると、ぐっすり眠れるそうです。

CBDオイルが向いているのは、家で就寝前などにCBDオイルを摂取したい方です。

▼楽天市場でCBDオイルをチェックする▼


ファーマヘンプのCBDオイルは、
品質の高さに定評があります。
濃度も選べるので注目が集まっています。

ファーマヘンプのCBDオイルはコチラ>>

CBDヴェポライザーとは

ヴェポライザーは、フレーバー付きリキッド(液体)を熱し発生した水蒸気を吸い込む次世代の電子タバコです。

CBD オイルに比べて ヴェポライザーは含有量が低いですが、蒸気から摂取するので生体利用効率が最も高くなります。

CBDをヴェポライザーで気体として吸引する摂取方法は、ストレスに対処したい時や、短い休憩時間の気分転換にピッタリです。

CBDヴェポライザーが向いているのは、日中にCBDを摂取したい方です。

気分転換にタバコ代わりに一服すると、気持ちも落ち着いてリラックスできます。

▼日中もリラックスできるHERBS▼


リキッドを注文すると
ヴェポライザーがついてきます。
濃度1%なら2200円から始められます。
▼HERBSのCBDリキッドはコチラ>>▼

CBDはVAPE(電子タバコ)とオイルについてのまとめ

CBDは、オイルがいいかヴェポライザーがいいかというと、その人の好みでしょう。

最近ではたくさんの商品が出ているので、興味のある方は一度試してみるのがいいでしょう。

ダンナが使ってみた感想

私のダンナは精神的に落ち込んだり、ストレスで眠れない時があるので、CBDのヴェポライザーを使ってもらいました。

これなら日中も吸えるからです。

CBDを吸うようになってから、気持ちが落ち着いていると言っています。

眠れなかったとつらそうに会社に行くより、よく眠れたと言って会社に行く姿を見ると安心します。

10%になるとお値段も高めですが、それに見合う効果があると思っています。

▼ダンナが使ったHERBS▼


良く眠れるようになりました。
精神的に落ち込むことが減ったようです。
▼HERBSのCBDリキッドはコチラ>>▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です