コンビニでキャッスレスなら2%実質値引き!いつまで?どの決済を使う?

10月からの消費税増税も、目前に迫ってきました。

支払手段はキャッシュレスが良さそうだけど、ポイント還元も半年だし、もうそろそろ対策を考えなくては・・・と思っていたところ、コンビニでキャッシュレス決済をすれば即時2%割引になるというニュースが報道されました。

どのキャッシュレス決済を使うのがいいのか、2%値引きはいつまでなのかをまとめました。

コンビニでキャッスレスなら2%実質値引き!いつまで?どの決済を使う?

このコンビニでキャッシュレスで決済すると2%値引きされるというニュースは各紙大きく扱われています。

セブン―イレブン・ジャパンなどコンビニ大手3社は、10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元対象の2%分を、客の支払いの時にその場で差し引くことを決めた。実質的な値引きとなり、お得感を打ち出すことで増税による集客の落ち込みを最低限に抑えたい考えだ。

実施するのは、セブンイレブンとファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社。

ポイント還元策は、増税による消費の落ち込み防止やキャッシュレス決済の普及をねらって、政府が実施を決めた。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などで支払いをすると、対象金額の2%分がカード会社などのポイントで還元される仕組み。2020年6月まで行われる。

このポイント還元を、コンビニ3社は、その場で使えるようにする。ポイント還元策では、実際のポイントが付与されるまでに時間がかかるが、その場で2%分が戻ってくることで実感してもらいやすくなる。

出典:朝日新聞

コンビニ2%値引きはいつまで?

キャッシュレス・消費者還元事業では10月1日~2020年6月末までです。

出典:日テレNEWS

要するに、国から2%分のポイント還元等の原資を補助してくれる制度を利用して、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップは、この2%のポイントを会計時に、即時充当し利用できる運用をする計画です。

ですから、この2%の値引きも、現在のところは10月1日~2020年6月末までの期間限定の予定です。

9ヶ月後に終了するのはわかっていても、2%値引きされるならキャッシュレス決済をしようという人も多いでしょう。

あなたはどのキャッシュレス決済を選ぶ?

特徴 メリット
クレジットカード 他の決済方法との組み合わせで利用シーンが減ることはないでしょう。 付帯サービスで保険がついていたりするので、どんな付帯サービスがついているのかもチェックしましょう。
電子マネー  

 

あらかじめお金を入金(チャージ)したICカードを用いて決済します。

 

 

 

 

最も簡単に手早く支払いを済ますことができます。

ただ、クレジットカードほどの汎用性はなく、電子マネーに対応している店舗でしか使えません。

【事前にチャージが必要な先払い方式】

  • 交通系電子マネー
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy

 

【クレジットカードで請求される後払い方式】

  • dカード
  • iD(三井住友カード)
  • クイックペイ(JCB、オリコカード)
コード決済 スマホ画面に表示されたQRコードやバーコードを店側が読み取って決済します。

スマホで決済することから、スマホ決済と呼ばれることも多いです。

コード決済を行うためには、アプリが必要となります。

ポイントなど特典が受けられ、消費税増税時には5%還元の恩恵を受けられます。  楽天ペイ

LINEペイ

Origami Pay

d払い

Pay Pay

ここで注目したいのはコード決済です。

コンビニでキャッスレスなら2%実質値引きに対する世間の反応

消費増税、軽減税率の導入、キャッシュレスポイント還元が始まる。10%、8%、6%、5%、3%という5種類の負担増の形が出来、事業者も消費者も、混乱を招くことは必至だが、以下のことを念頭に置く必要がある。
消費者は、自分の支払い手段の中で、わかりやすく、かつ値引きの多い買い方(店)を学んで行動するだろう。
事業者(お店)にとって重要なことは、「価格は、コストではなく、需要と供給で決まる」という経済原則だ。銀座で1000円のコーヒーがある理由は、銀座の地価が高いからではなく、銀座なら1000円でもコーヒーを飲むお客(需要)がいるからだ。
消費増税は、コストである原価(供給)の上昇だが、価格を上げすぎればお店のお客(需要)は落ち、店のマージンは縮小する。どのような価格が、消費者(お客)にわかりやすく、結果としてマージンが最大化するのか。事業者は、この点を考える必要がある。

出典:ヤフーニュース 森信茂樹さん(東京財団政策研究所研究主幹)

 

増税の話を知ってからずっと思ってたけどテイクアウトならとか、店内飲食ならみたいなややこしい事するくらいなら増税をしない方が不快に思う人はいないと思う。そもそも増税して余裕のある状況じゃないだろうに

出典:ヤフーニュース

 

増税して「ポイント還元」
その財源は税金から
だったら
増税しなければ良いのに

出典:ヤフーニュース

 

そもそもコンビニってスーパーより2割以上高いから、ポイントもらうよりスーパーに行きましょう。

出典:ヤフーニュース

 

一時的なことでまた10%になるのはわかっていて、お得感とかなにもない。増税とばかり言っている議員は自分たちの削減はどうなったのか。

出典:ヤフーニュース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です