クレンジングバームで敏感肌用3選|選び方と口コミ

クレンジングバームとは、お肌の体温で柔らかく溶け出してメイクや汚れを落とすクレンジング料です。

手に取った時は固めのテクスチャーですが、肌になじませるとオイル状に変化。

お肌への摩擦が少なく、敏感肌の方におすすめです。

クレンジングバームで敏感肌用3選

ここでは、敏感肌の方用のクレンジングバームを3つ集めました。

敏感肌の方は参考にしてみて下さいね。

①DUOクレンジングバーム敏感肌用

詳細はコチラ>

敏感肌の人のために開発された医薬部外品のクレンジングバームです。伝統和漢成分がバリア機能をサポートしてくれます。

公式サイトはコチラ>

②敏感肌のためのアポコス

詳細はコチラ>
アポコスは、敏感肌の方のためのクレンジングバームです。お肌への刺激を限りなく減らした独自の処方で、敏感になったお肌のケアをしつつ毛穴ケアもできて初回お試し500円です。

公式サイトはコチラ>

③無添加の生クレンジングで敏感肌の方も

詳細はコチラ>
6つの無添加で敏感肌の方も使えるビューティークレンジングバーム。毎日のクレンジングを変えるだけでお肌がしっとりします。

公式サイトはコチラ>

敏感肌の人のクレンジングバームの選び方

毎日使うクレンジング。

合わないクレンジング料や汚れが残るクレンジング料は、使い続けるとダメージが蓄積されていきます。

敏感肌の方は、刺激が少なく、洗浄力が高めのクレンジングバームを選びましょう。

ここでは、クレンジングバームの選び方をお伝えします。

①無添加のものを選ぶ

特定の香料や着色料などの添加物が入っていなければ「無添加」と表記できます。

どの成分が無添加なのか、自分にとって刺激に感じる成分は入っていないかをチェックしましょう。

②成分を確認する

敏感肌の方の中には、配合成分の「パパイン酵素」に反応したという方もいらっしゃいました。

自分がどの成分に反応するのか、日頃から知っておくことも大切です。

③水で流すタイプを選ぶ

クレンジングバームは、コットンで拭き取るタイプもあるのですが、摩擦が大きくなります。

メイクが落としきれない場合もありますので、敏感肌や乾燥肌の方には洗い流すタイプがおすすめです。

クレンジングバーム敏感肌用の比較

クレンジングバームで敏感肌の方のための3つを、成分や内容量、お値段などを比較しました。

名称 DUO敏感肌用 アポコス ビューティクレンジングバーム
イメージ
成分 グリチルレチン酸ステアリル、ツボクサエキス、ナイアシンアミド他 国産有機ツバキ油、天然由来成分は100%、植物エキス7種類、植物オイル12種類配合 ローヤルゼリー、プロポリス、はちみつ他
内容量 90g 90g  90g
初回 1,800円(税別) 2,490円(税別) 1,800円(税別)
継続条件 なし なし なし
全額返金保証 あり なし なし
公式サイト コチラ コチラ コチラ

クレンジングバームを敏感肌の方が使った口コミ

実際に敏感肌の方がクレンジングバームを使った口コミをチェックしました。

ここでは、タイプ別にご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

薬用クレンジングバームならDUO

詳細はコチラ>

毛穴より小さく弾力のある大小2種のカプセルが、肌あれの凸凹にフィット。

摩擦から肌を守り、メイクや大気汚染物質をやさしくオフして、お肌のバリア低下を防ぎます。

肌荒れ中にも安心して使えるのが嬉しい

公式サイトより

使い始めはこわかったけど、ピリピリしないし、顔全体で使っても気持ちいい!

公式サイトより

公式サイトはコチラ>

刺激に強いお肌を目指すならアポコス

詳細はコチラ>
大人の敏感肌スキンケアシリーズから発売されたクレンジングバームです。花粉や大気汚染、紫外線といった刺激に負けないお肌に導いてくれます。

天然由来の洗浄力に期待してなかったのですが、しっかり落とせたのに肌はしっとり。

公式サイトより

洗浄力と保湿力に驚きました。

公式サイトより

公式サイトはコチラ>

無添加の生クレンジングバーム

詳細はコチラ>
6つの無添加の生クレンジングバームなら、ビューティクレンジングバームがオススメ。

美容液成分が78%も配合されているので、敏感なお肌に潤いとハリを与えてくれます。

公式サイトより

肌の汚れがスッキリと落ちるのに、しっとりしています。

公式サイトより

メイクをしていないから素肌の汚れって気づきにくいんですよね。

公式サイトはコチラ>

クレンジングバーム敏感肌用のまとめ

お肌が荒れていても、一日の汚れを落とすクレンジングをしない訳にはいきません。

敏感肌の方のクレンジングは、お肌に負担の少ないクレンジングバームがオススメです。

お肌のバリア機能を修復して、外的刺激に負けないお肌を目指しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です